×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

提供:なにしろパソコン

らくらくタイプ練習の使い方

使い方/ご利用の注意

※1 押したキーが赤色に変わります

手元を見ないで、画面を見ながら 「どのキーを押さえているか」わかります。
キーボードを見ないで 「狙ったキー」 を押せる感覚が身につきます。

☆ポイント: 開始ボタンを押さなくても、押したキーが赤くなる機能は使えます!
         練習コースを使わなくても、キーボードの練習は十分にできます。

※2 キーの色付機能
    
   タイピングは特殊キー以外は「小指」「薬指」「中指」「人差し指」で行います。
   そこで一般的にタイプを習得するときに推奨されている「どの指で、どのキーを
   押すか」をキーに色を付けて表示する機能をつけました。

☆ポイント: ホームポジション
   

  タイピングをするときに最初に構えるキーと指の関係を「ホームポジション」と
  言います。特に両手の人差し指の位置を決めます。

左手の人差し指を「 F 」   右手の人差し指を「 J

  この 「 F 」 と 「 J 」 のキーには指で触ればわかるように点や線状の突起が
  ある場合がほとんどです。ですから、キーボードを見ないで 「 F 」 と 「 J 」
  の突起を左右の人差し指で探り、そこを基点に残りの指を順次、キーの上
  に下図のように軽く合わせていくと「ホームポジション」の完成です。

小指 薬指 中指 人差指 人差指 中指 薬指 小指
左手 右手

  「らくらくタイプ練習」のキーボード上ではホームポジションの周りを青く囲って
  います。また「 F 」 と 「 J 」 には「突起」をアンダーラインで表現しています。

【注意】 数字キーを押す指については、「6」を左手人差し指で押すように表示を
      していたのですが、「6」を右手人差し指で習ったというご意見が多かった
      ので、そちらを採用することにしました。すでに練習して慣れてしまったと
      いう人のために 「6」が左手人差し指のバージョン も残しておきます。

      とにかくタイピングで最も重要なのは 「アルファベットのキーをどう打つか」
      なので、「アルファベットのキーがある3列」を重点的に練習してください。

※3 ガイド機能: 練習コースで、次に押すべきキーを青色にして教えてくれます。
  
※4 キーの非表示機能: (通称:のっぺら機能 ^^; )
  
   キーの文字表示を消して、表示に頼らない最終レベルの練習ができます。
   非表示中でも「キーを押している間」は隠れていたキーの文字表示が現れます。
   練習コースを使わなくても、自由練習で自分の好きな文章を打ち込みながら
   適切なキーが押さえられているかを確認すれば、とてもいい練習になります。
  
※5 母音キーの赤色表示機能
  
   ローマ字入力の基本は 「子音」+「母音」 ですから、まずは「母音」を覚える
   のが先決です。「A I U E O」の各キー表示を赤色にします。

※6 後付けタイマー機能
  
タイプタイマーの表示はタイピンクと連動していませんので スタートと同時に
タイプGO を押して更新する時はツールバーーの更新ボタンをおして下さい。
   制限時間は10分にしていますが、他に上級、中級、初級、プロ級を選ぶことも出来ます。
   只、この場合の秒表示は括弧の数字に加算され600秒を以ってTIMEオーバーとなります。
  

  
【重要】 このページのキーボード練習機能はインターネットで1回表示できれば、
      接続を切って「オフライン作業」の状態でも動作するように作っています。
      電話代を気にせず、繰り返しゆっくり練習することができます。

【注意】 マイクロソフト社のインターネットエクスプローラのバージョン4以上で
      ご利用ください。また、Windowsでの練習を前提にレイアウトしています。

【参考】

ネコでもできるキーボード操作 入門の入門(書籍)    最初の難関である『キーボード』に取り付きやすくしてくれる入門書。
   「らくらくタイプ練習」も紹介いただいています。おすすめの一冊。

   
   タイピングに関する総合情報を提供しています。市販のタイプ練習ソフトを
   実際に試したレポートは参考になります。「らくらくタイプ練習」にも飽きて、
   市販のソフトを買って、もっと練習してみたい人には必見です。^^;
 

 ◇ 美佳のタイプトレーナ(タッチタイプの練習ソフト) :
   
   上述した「タイピング道場」の中でも、優れたフリーソフトとして紹介されている
   使ってみると、ガイド機能やキー非表示機能など「らくらくタイプ練習」作成時に
   結構、オリジナルな機能だと思って考えたものは全部、あるみたいですね。^^;
   体系立てた練習ができます。「らくらくタイプ練習」を卒業して、ダウンロードにも
   慣れたら、ぜひ使ってみてください。

  ※ まあ初心者には大きなハードルとなる「ダウンロード」&「解凍」をしなくていい
    という点で「初心者向け」としては「らくらくタイプ練習」は十分に有効でしょう。

Copyright(C) 2000-2004 横河キューアンドエー株式会社, All Rights Reserved.

「なにしろパソコンTM」は横河キューアンドエー株式会社の登録商標(第4564183号)です。

パソコンサービスステーションクラブQ&A

初心者からベテランまで楽しんでいただけるホームページ(ポータルサイト)を目指して